国産落花生で・・・

画像


画像



国産落花生(千葉産)が手に入ったので、前から作りたかった料理を作ってみました。

その前に、皮むきと云う作業が立ちはだかるのですが・・・

中国産に比べて価格は4倍以上、でも、安心価格と云うことを選びました。

一時間ほど皮むきに掛かってしまったので、私のパート代金も(笑)加算すると

高い落花生になりましたねぇ~アハハ


落花生にこだわる理由があります。

古い落花生に生えているカビが、発ガンの要因になるといわれて久しいのですが

市販のお菓子の中に使われているピーナッツの部分を割って

中のヒゲ(とよんでるのですが)の部分を調べると、ねずみ色になっているものが

多く(数年前までの事で最近は、食べる機会も無かったので)

それが、古い証拠だと聞きました。


きちんとした製品は、中を割ってみてもきれいで、周りと同じ色です。

中国産落花生に罪がある訳ではなく、古いものを大量に買って

安いコストで製品を作ってきた人間の仕業。

全ての業者さんが、そうだとは思っていませんし、最近の事情は

分からずに無責任な話もしてはいけないと思っていますが。


やはり、ピーナッツ?と思ってしまう辛い思い出がありました。


今も、もう8年になるのだなぁ、と考えていたのですが、Wさんと云う方の事です。

丁度、今頃の時期で、年明けから春先にかけて

あるイベントの為、ホントに、毎日、毎日、朝から晩まで、ずっと一緒だと

いうくらいに共に時間を過ごしたWさんでした。

約3ヶ月、そういう時間を過ごす中、彼女のお宅で、お茶をご馳走になる事も多く

そんな時に「私、ピーナッツが好きで、毎日食べてるねん」と。

例のカビの事も知っておられて、その部分だけ外して食べているとのこと。


カビは、浮遊するもので、一部に生えていたら全体を捨てるとも云われています。

そのことを話したかどうかは覚えていないのですが・・・

イベントを無事に終了して、Wさんが腰痛のため動けずに寝込んでおられる

と人づてに伺ったのは、間もない頃でした。

そのまま、2ヶ月もあったかどうかの期間に亡くなってしまわれたのです。


進行性の胃がんでした。

原因は沢山の要因が重なったのでしょう

でも、目の前でピーナッツを美味しそうに召し上がっておられた

Wさんの様子が、今も、頭に残っています。


Wさんを初めてお見かけした時、切手で有名な、見返り美人のいでたちをされると

きっと、お似合いだろうなと思いました。

切れ長のキリッとした雰囲気の目と面立ちは、ちょっと姐御の風格があり

私がそう話すと「中身は全然、気があかんねん(弱い)え」と言って

笑っておられました。難しいことをいっぱいお願いしたにもかかわらず

頑張って下さり、イベント終了後に、娘さんと一緒に我が家で

私の手作りの食事を召し上がって下さり

楽しいひと時を過ごせた事が思い出になってしまいました。

生きておられたら65歳になっておられるはずですね。


神経質になってしまえば、食べるものが無いようになる

と云う方もいらっしゃいます。でも、安心して食べようと思うと

財布が空っぽになってしまうような食事情であることがオカシイ!と思うのです。


排気ガス・環境汚染・ストレス、今すぐに避けられない環境の中で生きている限り

直接、命を養う「食べ物」に気を遣うのは、母として、主婦として

当然の事だと信じています。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

そ~れ
2007年03月11日 09:08
同感です。体にいいものを子供たちに食べさせたいと思っても安全な食材は本当に高い!!我が家は野菜は自家製のものを使っているのでその点は助かっていますが、国産のくだもの、大豆、調味料などもっと安くなってもいいんちゃうの~?と思ってしまいます。この辺はお味噌を手作りされている家庭が多くママ友も手作りしています。でも、大豆が高い!!豆から作ればいいんですが、忙しくってそこまでできない。。。食べることはこどものすこやかな成長にかかせないものなのでなんとかもうちょっと≪食の安全≫に力を入れてほしいです。(って誰にいってんねろ??)
2007年03月11日 13:11
はい!代表でyookomamaが聞かせて頂きました(笑)勿論、政治家と業者の方たちに聞いて頂きましょう~!私も、ずっと、お味噌を作り続けてきましたよ~。今は、仕方なく買っていますが、自分のお味噌が美味しいと思ってしまいます。これを、テマエミソって云うのんやろかぁ(ホホホ)

この記事へのトラックバック